いらない骨董品の処分に困ったら、買い取りを

掛け軸

   

掛軸はちょっと古い家なら必ずといってよい程床の間に飾られていますし、床の間の数だけ飾る物ですので一軒に数幅ある事も珍しくありませんし、季節によって変える為に何軸も保管されている事もあります。

ですので骨董品買取でも取り扱いの量が多いです。

ですが掛軸は古い物新しい物だけではなく、日本画・書などの種類や書いた作者、その真贋。さらには実際に書いたものなのか印刷物なのか、など様々な要因から価値は上から下まで様々です。
ですので骨董品買取でも取り扱う量は多いですが一軸いくらと値が付く品も少ないという事があります。

値が付く品が少ないという理由の一つには贋作の多さという事もあります。

特に有名な作家の物ともなればそのほとんどが贋作と思って間違いないくらいの数が出回っています。
また有名な作家ではなくても贋作はありますし、飾る為だけの目的の印刷物もあります。

ですので骨董品買取に掛軸を出す場合はあまり査定に期待はしない方が無難でしょう。