家を売りたい人のためのサイト

タイミング

   

家を売却する場合にはどのようなポイントを押さえたらよいでしょうか。

例えば、住み替えをするために家を売却することがありますが、この時のタイミング次第で住宅がしっかりとした値段で売れるかどうかが決まってきます。

売却でよい時期があるとすれば、年度末になります。年度末になると、引っ越しする人が増えてきて、新しい環境で生活する人が多くなるからです。
このように考えると、住み替えをするために家を売却する場合には、二月ぐらいに売却するつもりで考えておいた方がよいでしょう。住み替えのことも考えるとできるだけ十分な準備をしなければなりませんが、ではいつぐらいから家の売却を始めたらよいでしょうか。

まず住み替えを前提とする場合、早めに新しい住宅を見つけなければなりません。
そうだとすると、半年ぐらい前から不動産会社と連絡を取ることが大事になります。

不動産会社と連絡を取り、実際にどれぐらいのタイミングで売るかをよく話し合うことです。不動産会社と話し合いをするときに、どのような媒介契約を結ぶかを決めなくてはなりません。

媒介契約には3種類ありますが、確実に売却をしたいのであれば専属専任媒介契約を結んだ方がよいです。

この契約であれば、ほかの不動産屋に売却を頼むことはできませんが、専属専任媒介契約を結んだ不動産会社からは毎週一回ずつ報告の連絡が来ます。
そして、より物件に対して力を入れて売却してくれるため、早い時期に売却が決まることもあるでしょう。