家を売りたい人のためのサイト

買い替え特例

   

家の住み替えのための売却では、買い替え特例について知っておくと良いです。
この特例を利用すると、譲渡所得に対する課税を将来に繰り延べることができます。

例えば、1000万円で購入した家が6000万円で売れたら、5000万円の利益が出ており、高額な税金がかかってしまいますが、この税金はすぐには課税されず、住み替え先の家を将来譲渡した時まで繰り延べることができます。

買い替え特例を利用すると、マイホームの3000万円控除の特例を受けることができなくなりますので、よく考えて行う必要があります。

家の住み替えでは、むしろこのようなケースは稀でしょう。3000万円で購入した家が2000万円で売れるというように、損失が出る可能性のほうが高いです。

そのような時は、買換え等の場合の譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例を利用することも検討しましょう。

特例を利用する時の注意点として、一定の制限がつく場合があるということです。

マイホームの特例は5つありますが、2つ以上を併用ができるものと、併用ができないものがあります。また、特例を利用すると住宅ローン減税を受けられなくなるケースもあり、複雑な制度となっています。

なるべく専門家のアドバイスを受けておくのが良いでしょう。

家の住み替えでは、まずは複数の不動産会社に査定をしてもらい、現在住んでいる家の価値を確認しなければなりません。
住宅ローンが残っている場合には、完済できるかどうかということがとても重要です。