家を売りたい人のためのサイト

空き家

新しい家に引っ越したら、今まで住んでいたところが空き家になってしまいます。
また両親などから家を相続した場合、すでに自分の住処があれば、住む必要がないので空き家になってしまいます。ただ家はそのまま放置をしておくと、老朽化が進みやすいことがわかっています。

家の中に風通しをする機会が少なくなってしまうので湿気がこもってしまったり、庭がある場合は雑草などが生えてしまい、誰も住んでいないことが傍目にも明らかな状態になってしまいます。

誰も住んでいないことがわかると防犯面でもイタズラをされたりするなど懸念が生じてしまいます。
そこで空き家である時間を減らすために、いくつかしかけをすることができます。

1つ目のしかけは賃貸物件として貸し出す方法です。賃貸として貸し出せば、家賃収入を得ることもできますし、住人が住むことで空気の入れ替えや庭の管理をしてもらうことができます。2つ目のしかけは、売却する方法です。

放置したままだと家の価値が下がってしまうだけなので、思い切って売却することも1つの手段です。

3つ目のしかけは、解体して土地活用をすることです。家を所有しているよりも解体して土地だけを所有しているほうがおさめる税金も安くなります。

老朽化していた家の場合は、早めに取り壊すことによって崩れる心配もありませんし、周囲への迷惑を最小限におさえることができます。
解体して駐車場などに整備をすれば、駐車場利用料金として収入を得ることもできます。