いらない骨董品の処分に困ったら、買い取りを

帝室技芸員の作品

   

帝室技芸員とは、戦前に宮内省が与えていた資格です。
優れた画家や工芸家に対して、帝室から栄誉を与えて、その技術の保護を図り、
さらには発展や奨励を促す目的で創設されていました。

現在では廃止されています。
この帝室技芸員の作品は、骨董品としての価値が高く、出張買取を利用することをお勧めします。

当時この栄誉を与えられた人たちは、各界の一線級の人たちです。

そのため、戦後になってからも価値のあるものとして取引がなされており、現在でも需要は高いです。
もし、必要がなく倉庫に置かれているというのであれば、それを有効に活用してくれる人の元に行かせた方がよいでしょう。

骨董品を高く買い取りしてもらいたい、というのであれば、出張買取をしている業者の中でも特に評判が高いところを探して、利用するとよいです。

評判が良いところは、何かメリットがあるから評判が高くなっています。
それはすなわち、買取価格が高いことを意味します。

したがって、満足できることでしょう。