いらない骨董品の処分に困ったら、買い取りを

古美術

骨董品は古い物であれば古道具や民芸品でも骨董品となって骨董品買取でも基本的に何でも買取の対象となりますが、その中でも昔から美術品として扱われていた陶磁器や掛け軸、刀剣などは古美術として分類されており、それを専門に扱う業者さんもいます。

専門の業者さんもいるくらいなので取引額もその他の骨董品よりも大きくなっており、その分骨董品買取でも高い査定が期待出来るジャンルとなっているのです。
ですが時代が古ければ価値がある骨董品とは違い、古美術の世界では時代だけが価値ではありません。

それだけでは無く昔から高値で取引されてきただけあっただけに偽物も多く流通している為骨董品買取などで査定をしてもらう場合は注意も必要なジャンルになります。

数多く流通している上に偽物となってしまうと価値はありませんが、本物かどうかなどは普通は分からない事ですので骨董品買取などに査定に出す場合は査定に過剰な期待はしないくらいが丁度良いでしょう。