家を売りたい人のためのサイト

住宅ローン

家を住み替える時、住宅ローンをどうするかが1つの問題となります。

基本的には、一度ローンを組んでしまったら、同じ金融機関で組み換えをすることはできません。

繰り上げ返済をして返済期間を短縮することはできますが、逆に返済期間を延ばす交渉をする時には、金融事故として扱われてしまうリスクもあります。

家を住み替える時には、前の家のローンを完済できるかどうかがポイントとなります。

家を売却して、前のローンを完済してしまえるのであれば、問題なく住み替えができるでしょう。
もちろん、新しい家の住宅ローンの審査に通るという保証はありませんが、前のローンが完済できていて、収入に問題がないのであれば、審査に通る可能性は高いです。

前のローンを完済できない場合には、住み替えローンを利用するというのが1つの方法です。

例えば、ローン残高が2500万円あり、家が2200万円で売れた場合には、300万円のローンが残ってしまいます。

その300万円を新しいローンに上乗せして借りることができる可能性があるのが、住み替えローンです。
しかし、最初からオーバーローンとなってしまうため、審査はとても難しくなります。

よほど収入に余裕がある人でなければ、審査に通ることは難しいでしょう。

住み替えをする時には、家を売ってローンを完済できるかということがとても重要となるので、まずはいくつかの不動産会社に査定をしてもらって、家の価値を把握することから始めましょう。